FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ドローレス・オルメド・美術館

2012/11/10
メキシコ市内の南部には広大な土地を利用した

美術館があります。

その名も”ドローレス・オルメド美術館”。

もともと大富豪だったオルメド女史の邸宅を改造した

美術館ですが、当時の彼女の豪華なコレクションや

ディエゴ・リベラ等の芸術家の作品が展示されています。

正面入り口

重厚な正面入り口をくぐり抜けると大きな庭が広がってます。

入り口内部

中庭・外観以外は写真撮影禁止ですのでコレクションやアート作品は

ご案内できませんが、外観をお楽しみください。

彼女の邸宅や

元邸宅

中庭など。

中庭

で、ここにやって来たのはディエゴ・リベラなどの作品もそうですが、

私のお気に入りのマスコットがここに大勢います。

”じゃ~ん”

ショロイツクイトゥイントゥリ

もちろん犬ですが、毛のない犬、

XOLOITZCUINTLI (ショロイッツクイントゥリ)

と、言います。

ショロ

非常に人なつっこく、あまり吠えず、なかなかかわいいです。

ショロ

現在、アステカ犬とも呼ばれていますが、非常に品種がすくないそうです。

スペイン人到着以前はアステカ帝国などでは

マスコット代わりだった半面、食用としても飼われていたそうです。

メキシコにはかつて他にも食用犬がいたそうですが

このショロ(略称)もその一つだったそうです。

ショロ

メキシコではチワワ犬などが有名ですが、このショロもどうぞよろしくです。

犬の聖地

暖かい日だまりでのんびり過ごす彼らを見ていると

妙に和みます。

この美術館、ショチミルコ地区にあり街中から少々離れています。

時間を有効に使うフリーダを巡るアートツアーも

みかどトラベル、用意しております。


スポンサーサイト
09:34 メキシコシティー | コメント(1) | トラックバック(0)

タラベラ焼き ~プエブラ~

2012/11/08
プエブラという街の郷土品のひとつに

”タラベラ焼き”があります。

タラベラ焼き

近郊のチョルーラと共にアステカ時代から陶器の産地だった

この地にスペイン本国から陶器の職人がやって来ました。

その地が陶器で有名な ”タラベラ・デ・ラ・レイナ”。

色とりどり

元々は、白地に地中海ブルーと言われる青との色彩だったそうなのですが

メキシコ的色彩が融合し、色とりどりにもなりました。

基本的には購入はひと家族分ひとセットでなければならないそうです。

全部でひとセット

プエブラの街中には専門店が多くありますし、工房もあり

見学できる所もあります。

タラベラ工房

このタラベラ焼きを作るにはきちんとした免許が必要だそうで、

それぞれの職人は資格を持っているそうです。

職人

それぞれの専門店には様々な種類・大きさのタラベラ焼きがあります。

ある店内

タラベラ焼き購入されるのでしたら

品質もいいのがありますし、品揃えも種類もありますので

現地まで行かれて購入さてたらいかがでしょう?!

みかどトラベル
mikado@mikado.com.mx
08:32 メキシコで「これ買っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

たまにはアカプルコ!!!

2012/11/07
最近、少しづつ涼しくなってきた
メキシコシティですが、

先日、”アカプルコ”へ行って参りました!!!!!

みなさま、アカプルコ、聞いたことありますでしょうが?

かつては”ホリデイはアカプルコ”なんて曲もあったでしょうか、

メキシコの一大リゾート地であります。

アカプルコのビーチ

年中暑く、メキシコシティからもアクセスがいいということで

多くのメキシコ人行楽客が訪れます。
(外国人はカンクンに行ったりもしますが・・・)

全長10kmにも及ぶアカプルコ湾のビーチが続きます。

ビーチ


このなが~~~~ィビーチの一画に、な・なんと

日本人のお侍さんの像があります。

その名も "支倉六衛門常長”(はせくら・ろくえもん・つねなが)

支倉六衛門常長

話をすると長くなってしまいますが、江戸時代初期、1614年にこのアカプルコへ

到着した遣欧使節団の団長でございます。

いや~、勇ましいではないですか!

この像は1973年3月に仙台市(姉妹都市)から送られました。
(千葉県御宿町も姉妹都市)

メキシコと日本の交流の歴史、調べると面白いですよ!

で、なにが言いたかったかと言うと、やはり暑い海岸地域にやって来たからには、

ビール・・・・もそうですが、シーフード!

その名も、 ”アカプルコ風セビーチェ”!!

アカプルコ風セビーチェ

国内では一般的にカクテルと呼んでいますが、

エビ、白身魚、タコなどを冷たい甘いトマトベースのソースに

つけた料理で、これにライムをキュッとしぼって頂きます。

”これがまた旨いんだよ!!!”

と叫びたくなります。

そして太平洋に沈む夕日を見つめながらテキーラサンライズを傾けると

またロマンチックな気分に・・・。

(ただ、一人で行くのはさみしいものですが)

こんなアカプルコ、いかがですか?
09:27 メキシコで「ここ行っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。