FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ポリフォルム・シケイロス

2013/09/06
三大壁画家の一人、

”ダビット・アルファロ・シケイロス”が立ち上げた

芸術文化施設、

”ポリフォルム・シケイロス”を紹介します。

ワールド・トレード・センターすぐ隣にあります。

ポリフォルム・シケイロス

”人類の行進”と呼ばれるこの壮大な壁画は内外部合わせて8700㎡あるそうです。

内部

1966年着工し1971年オープンしました。

内部

全面壁画が描かれていますが多くの部分が立体化されています。

内装

壁画

壁画

壁画

壁画

壁画

壁画

外面は星形の12角形で様々なモチーフで各面描かれています。

シケイロス&スアレス

最後に壁画家のシケイロス氏と施工主のスアレス氏と一緒に記念撮影でも。

スポンサーサイト



07:32 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)

フランツ・マイヤー博物館

2013/09/04
メキシコシティ旧市街、歴史地区の西側、

アラメダ公園北側にはひっそりたたずむ、

しかし見ごたえのある博物館、

”フランツ・マイヤー博物館” があります。

外観

この博物館はフランツ・マイヤーさんというドイツ人銀行家がかつて

個人的にコレクションしたメキシココロニアル時代に国内外で作られた

家具、宗教芸術作品、日用品などなどが展示されています。

undefined

マイヤー氏は銀行家として財をなし、その財をくれたメキシコに

それを残したいと考えたそうです。

undefined

もちろん買えませんが、愛好家や研究者には興味深いのでは

ないでしょうか。

undefined

現在では職人サンも少なくなってきて作られなくなった作品も

かなり展示されています。

undefined

スペイン人によるアステカ侵略戦争をモチーフにした屏風や、

undefined

タラベラ焼きの作品とか、

undefined

宗教画とか、

undefined

銀製品とか、

undefined

数多くの作品が展示されています。

マイヤー氏の自宅は別の場所にあり、一般公開するために

ここに集められ、1986年にオープンしたそうです。

博物館の建造物は、横にある教会付属の修道院跡を再利用

したそうで、16世紀半ばに作られ現在までの間、

増改築を繰り返し、様々な用途に使われてきたそうです。

undefined

結構、博物館・美術館巡りって疲れますよね・・・。

この博物館にはパティオがあります。

鑑賞後、カフェを飲みながらのんびりするのもいいですね。
01:52 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)

チラキレス

2013/09/03
メキシコ料理に

”チラキレス” があります。

undefined

これは、トトポというトウモロコシのチップスの上に

スライスオニオンや粉チーズ、クリーム、主にチキンを乗せ、

さらにその上にアツアツのサルサソースをたっぷりかけます。

サルサはそんなに辛くなく、赤ソース、青ソースと選べるレストランもあります。

トトポはよくレストランで前菜で出てくると思います。

メニューが出てくるまでトトポにサルサを付けよくボリボリと

食べますが、多くの方はメインが来る前にお腹いっぱいということも

よくあるかと・・・。

この料理、トトポがソースに浸る前にパリパリの状態で食べると

美味しいですし、先にソースに浸して出てくるレストランもあります。

よく、朝食メニューで出てくることがありますが、とにかく、

”これがまた旨いんだよ!!”
02:37 メキシコで「これ喰っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |