FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

メキシコ国立人類学博物館 祝50周年

2014/09/19
先日2014年9月17日は

我らが誇る ”メキシコ国立人類学博物館”

50周年を迎えました!

50周年

50年前と変わらず現在も多くの観光客が訪れます。

正面入り口

50年前の1964年9月17日にオープンしました。

というと、

あ~、東京オリンピックの年じゃないですか!

50年前

レフォルマ通り沿いには名物トラロックが!

トラロック像

50年前に運ばれてきました。

50年前

正面ロビー横にはタマヨ氏の壁画も。

タマヨ氏の壁画

大きな中庭があります。

パティオ

50年前

50年前

上空写真もあります。

50年前

みんな50年前の写真は白黒ですね。

そして我らがアステカカレンダー

アステカカレンダー

それまで保管されていた国立宮殿から運ばれてきました!

50年前

レフォルマ通りを通過しています。
(後ろにはコロンブス記念像が)




博物館は50歳ですが益々元気です。

ぜひ皆様の来館をお待ちしております!!

スポンサーサイト
09:05 お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)

独立記念日前夜祭 ”グリート”

2014/09/18
先日9月15日はメキシコ独立記念日前日。

前夜祭が毎年行われます。

前夜祭は ”グリート” (叫び)!!

1810年9月16日未明、

ミゲル・イダルゴ神父様が独立万歳と叫んで

教会の鐘を鳴らし、独立戦争が始まったと言われています。

それを再現して歴代大統領は国立宮殿(大統領府)で

夜11時に叫びの儀式を行い、鐘を鳴らします。

今年は雨に降られず、久々に好天の中行われました。

が、私は今年に限って行けずテレビ観覧。

で、テレビの画面で写真を撮りました。

画質が良くないですが流れを感じていただければ・・・。


11時5分前に軍学校の士官候補生がメキシコの国旗を
もって宮殿内を行進してきます。

将校達

それに続き大統領と夫人が貴賓室を通過しソカロ広場に面する
バルコニーへ祝福を受けながら移動していきます。

貴賓席

士官候補生から大統領が国旗を受け取りバルコニーに立ちます。

準備OK.

ほぼ夜11時に大統領が民衆の前で独立戦争の英雄の名前を
叫び、最後にビバ・メヒコ(メキシコ万歳)と3回叫びます。
それに合わせ民衆も一緒にビバと叫びます。

叫び

今年は雨が降らなかったので多くの方がソカロ広場に集まりました。

観客

叫んだあと、国旗を振り、国歌を歌います。

国旗

大統領の家族もバルコニーに現れます。

大統領の家族

国歌が流れた後、一斉に花火が打ち上げられ
セレモニーが盛り上がります。

花火

メキシコの音楽が流れ、花火が上がりつくしてしてセレモニーが終了です。

みなさん、帰宅の徒につきます。

わずか30分程ですが、このために多くの方がやってきます。

また来年、天気が良ければいいですね。

翌日、独立記念日当日は軍事パレードが行われますが、

私は仕事で見れませんでした。

写真は以前アップしたことありましたっけ?

前夜祭、感じていただけました?



08:24 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)

バルバコア・デ・ボレゴ

2014/09/11
時折、街中のカンティナ(メキシコ版居酒屋)に入ります。

お酒もそうですが、

基本、日替わりの食事が選べます。
(お店によりますが大体5,6種類)

今回、たまたまあったメニューに

バルバコア・デ・ボレゴ

いわゆるひつじの肉を蒸しこんだ料理です。

しかも一歳以下はコルデロ、1,2歳のひつじがボレゴだそうです。

同じ動物でも名前が変わるんですね。

バルバコア・ デ・ボレゴ

独特の香りがしますが、これにサルサソースをかけ、

ウチワサボテンをのっけライムをしぼり、

トルティージャで頂くこの食事、

ぜひ味わって頂きたいです。

コンソメスープも付いていたりして。

ビクトリア・ビール

このバルバコアを食べながら

ビクトリア・ビールで流し込む。

”これがまたうまいんですよ!”

(ピーナッツもついてます)
04:00 メキシコで「これ喰っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

独立記念日前

2014/09/10
独立記念日を数日後に控え、

街中では飾り付けが増えてきました。

昼間の飾り

写真はソカロ広場横にある連邦庁舎。

昼間ではこんな感じのデザイン。

夜になるとイルミネーションが輝きます。

夜のイルミネーション

今年の前夜祭、”グリート(叫び)” は雨が降らなければ

いいですね。

(私の記憶ですと4年連続雨だったような・・・)
07:18 メキシコシティー | コメント(1) | トラックバック(0)

チレス・エン・ノガタ

2014/09/06
そろそろメキシコ独立記念日が

近づいてきました。

9月16日です。

この日に合わせてよく食べられる、

伝統料理のひとつが

”チレス・エン・ノガタ”!!

チレス・エン・ノガタ

以前、紹介したことあった様な・・。

メキシコの国旗と同じ3色。

緑色の辛くない大きめのトウガラシの中に、

挽肉を中心にナッツやレーズンなどを詰め込み、

白いくるみをすりつぶした

クリ―ムソースをその上にかけ、

赤いザクロをちりばめます。

メキシコの独立を叫び、

口にするこの料理、

お上品に、

”これがまた美味しいんでございますよ!”


02:18 メキシコで「これ喰っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

グアダルーペ寺院散策 その4

2014/09/05
このグアダルーペ散策シリーズも最終回。

かなり大雑把な気もしますが、

寺院内、他にも見どころあります。

大広場から丘を見て右奥には

”インディオ礼拝堂”があります。

インディオ礼拝堂

ここにはかつて褐色の聖母を見た人物、

フアンディエゴが出現を見てから亡くなるまで

ここに17年間住んでいたそうです。

内部はこんな感じ。

内部

その奥には実際彼が住んでいた建物の

土台が残ってます。

フアンディエゴの旧住まい

そのインディオ礼拝堂の奥には

”ポシート礼拝堂” があります。

ポシート礼拝堂

ここには小さな井戸がありますが、

かつて水の確保に大変だったころ、

水を水道橋で流し、溜めていたそうな。

ポシートは”小さな井戸”という意味。


ポシート礼拝堂前には

マリア様の像があります。

トレス・ピエドラス

トレス・ピエドラスと呼ばれています。

この辺りはマリア様とフアンディエゴの出会いの場の

ひとつで、”ロサス礼拝堂” がかつてあったそうです。

その時の建造物の石を使ってマリア像を支えているそうです。



寺院内には様々な建造物・モニュメントがあります。

ツアーではゆっくり見れませんが、

興味ある方は街中から近いので

一日、ピクニック気分でいらっしゃったらいかがですか。

周辺には食堂も多々ありますし、

一日、マリア様と一緒に過ごすのもいいですね。







03:16 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)

グアダルーペ寺院散策 その3

2014/09/04
グアダルーペ寺院内には

マリア様がご出現された

テペヤックの丘があります。

丘の上へ

この丘の上でバラの花を咲かせる奇跡を

起したと言われています。

いざ、頂上へ。

途中には噴水や滝があります。

泉

丘の上からの眺めは最高ですね。

メキシコシティが一望できます。

丘からの景色

頂上にはシエリート礼拝堂があり、

かつてここの内部に奇跡のマントが祀られていたそうです。

シエリート礼拝堂

ここも内部は写真撮影禁止です。

街を一望し、礼拝堂をお参りした後は丘を降りて行きます。

下り道がてら、整備された噴水も楽しめます。

噴水

街の中に教会やこのような自然があると妙に”ホット”しますね。

この噴水?といいますか、水の出ている排水口、

よーく見てみますとなんと

テオティワカンやアステカに登場する

”ケッツアルコアトル” じゃ、あ~りませんか!!

ケッツアルコアトル・・

カトリック寺院内でこの様な先スペイン期の神様を

見るとメキシコらしさを感じませんか?

07:02 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)

グアダルーペ寺院散策 その2

2014/09/03
さて、グアダルーペ寺院内には

特徴的な建造物が幾つかあります。

とりわけ目を引くのが近代的な建造物

新聖堂

新聖堂、外観

どこかしら日本の代々木体育館にも似てますね。

1976年に完成したこの建造物、

その内部は広い空間があり、多くの方を収容します。

一説には2万人とも。

新聖堂内観

天井のシャンデリアがすごいですね。

新聖堂の横にはそれまでつかっていた

旧聖堂があります。

旧聖堂

1709年に完成したそうで、もうすでに300年を超えています。

歴史を感じますね。

旧聖堂の真横にはカプチナス礼拝堂があります。

カプチーナス

先ほどの旧聖堂の真裏には博物館があります。

博物館

ここに入るとグアダルーペ聖母に関する

宗教画やお守りなどが展示されています。

内部を写真撮影できないので紹介できませんが

時間が許す限りここに入場されるとグアダルーペを語れます。
(本人次第ですが)

結構奥行きありますので1時間はかかるでしょう。





この日、大広場では地方からやってきた巡礼グループの方が

民族舞踊を踊ってました。

民族舞踊

この寺院には多くの方がマントを拝みに訪問します。

時には民族衣装を身に着け民族舞踊を踊るグループも

巡礼に来ます。

このタイミングに会えると

その衣装や踊りも見れます。
04:05 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。