FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

新たな発見 ~テンプロ・マヨール~

2016/01/26
先日また考古学エリアで新たな発見がされました。

メキシコシティ旧市街にある

テンプロ・マヨール遺跡です。

新聞にもデカデカと出てました。

templo mayor

アステカ帝国の中央神殿であった

ピラミッドの基壇から

Ahuizotle(アウイソトゥル)時代の物と思われる

336点にも及ぶ奉納品が発見され、

内、20点が金製品だったそうです。

その金製品も耳飾りが多くあり、

伝説に出てくるコヨルシャウキをイメージしたものや、

心臓、水、などのデザインの物もあるそうです。

アステカ文明情報、まだまだ尽きないですね。

スポンサーサイト
04:50 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)

メキシコシティが変わります!

2016/01/23
メキシコシティが変わります!

どのように変わるか?

正式名称が変わるそうです!

以前は

DISTRITO FEDERAL
(連邦区)

と、呼んでいましたが

これからは

CIUDAD DE MEXICO
(シウダ・デ・メヒコ)

イコール

メキシコシティ

になります!

ciudad de mexico

えっ?

何も変わってないって?

まあ、そうなんですが、

これから地図とか新聞雑誌などの表示が

DFからCDMXに変わっていくかと・・・。

でも我々は

メキシコシティで行きましょう!


05:07 お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

テポソトラン TEPOTZOTLAN

2016/01/13
メキシコ市内から1時間弱北へ、

ケレタロ方面へ行く国道沿いにある小さな町

”テポソトラン”

この小さな町の見所は

サン・フランシスコ・ザビエル教会と付属の

副王領博物館

iglesia fransisco javier

フランシスコ・ザビエル氏は日本にも布教に来ました

イエズス会の創設者の一人で、この教会の名前になっていますし、

かつてここで旧イエズス会神学校として使われていた建造物が博物館として

植民地時代の物が展示されています。

この教会の見所は見事な豪華絢爛なバロック様式の祭壇。

tablero de javier
サン・フランシスコ・ハビエル祭壇

この祭壇には3人の日本人殉教者の人物像が彫られています。

長崎26聖人の中の3人だそうで、

San Diego Kisai

San Pablo Miki

San Juan de Goto

それぞれが聖ディエゴ・喜斎、聖パウロ・三木、聖ヨハネ・五島だそうです。
(いずれもイエズス会会員だったそうです)

他には

tabrero de ignacio loyora
聖イグナシオ・ロヨラ祭壇

tabrero de virgen maria
ビルヘン・マリア祭壇

など、多々豪華な祭壇があります。

他、宗教画も飾られていますし、教会の真横には

CASA DE LORETO, CAMARIN DE LA VIRGEN

という小さな礼拝堂があり見学可能です。

Casa de Loreto


装飾がこれがまたユニークですし、床のタイルも当時のままだそうです。

訪れた日は修復中で入れませんでしたが・・・。
(写真撮影は禁止です)



今回はキンキラキンのブログですね。

patio

教会の横には旧イエズス会神学校を利用してできた副王領博物館がありまして

写真のような中庭もありますし、

当時の宗教用具、家具、図書室、など展示してあります。

当時のキッチンも見れます。

cocina

展望台もあり、

町の一部を見下ろせます。

paisaje


いかがです、テポソトラン!

教会の前には広場があり、週末は民芸品のお店が出ますし、

atrio


食堂市場もあり、メキシコ料理が堪能できます。

mercado

レストランとはまた別の雰囲気が楽しめます。

お時間あれば是非訪れて下さい!

あ、ちなみに教会と博物館は月曜休みです。

09:44 メキシコで「ここ行っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

ロスカ・デ・レジェス

2016/01/09
さて、1月6日の東方三賢者の日に

食べる恒例のパン、

ロスカ・デ・レジェス!

rosca.jpg

フランスではgateau des rois, ポルトガルではbol o  rei 

と呼ばれて食べられているそうです。

起源は14世紀頃のフランスだそうで、

メキシコには16世紀頃、入植者によって持ち込まれたとか。

ロスカの型(輪)は三賢者の王冠の型を表し、

砂糖漬のフルーツは宝石を表し、

砂糖の塊は三賢者がベレンに到着した時の雪山を表し、

中に埋め込まれた幼児イエスはヘロデ王の迫害から逃れるため

エジプトへ脱出した時の隠れた様子だそうです。

(情報元はchilangoという雑誌から)

muntilde;eco
(隠された幼児イエスキリスト)

現代の我々はそのロスカを感謝して食べなければ!

ドーナツ型のパンの好きな場所を切り、

中から隠れた幼児イエスキリストの人形を当てた人は

2月2日の聖カンデラリアの日に

仲間にタマレスを振る舞います。

今年のあなたはいかがでした?!
03:22 メキシコの行事 | コメント(0) | トラックバック(0)

謹賀新年 2016

2016/01/07
新年明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します!

ANGEL

輝く天使のように昇り続けます!

みかどトラベル
スタッフ一同
02:49 お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。