FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

サンルイス・ポトシの旅 ~4~

2016/10/12
サンルイス・ポトシ州東部は標高200m~800mの低地で、

亜熱帯な地域が広がっていて、

この辺りに昔から居住している方々がHUASTECO(ウアステコ)族で、

この地域を総括してHUASTACA POTOSINA(サンルイスポトシのウアステカ)と呼んでいます。

この地域の中心地はCIUDAD VALLESになります。

HUASTECA POTOSINAを観光する場合、そのCIUDAD VALLESが拠点になるでしょう。

前回のタマソポの滝からCIUDAD VALLESに着く前に寄る場所と言ったら、

CASCADA DE MICOS!(ミコの滝)

やはり水浴びの出来る場所です。

entrada

dentro

rio

rio

puente

今回行った時は水量が多く遊泳禁止でした。

でも雨季でもタイミング次第で泳げるそうです。

でも!

泳げなくても楽しめるのがメキシコ料理!

数多くの食堂が並んでいましたが、

comedor

comedor

この地域で有名な料理が

”ZACAHUIL!!"(サカウイル)

zacahuil

これは予め用意した豚肉やチキン、複数の乾燥唐辛子、タマネギ、

マサ(挽いて捏ねたトウモロコシの塊)、ニンニク等などを混ぜて固めた塊を

5重、6重にも重ねたバナナの葉っぱで包んで巻いた物を炭焼き窯で

10時間から12時間蒸しこんだ料理です。(一部地域では土の中に埋めて蒸す)

この地域の伝統料理で、手間暇時間のかかる料理なので

以前は大事な儀式(結婚式や誕生日、聖人の日等)の際に作られていました。

それが食べられたんすよ!

zacahuil

そのまま食べてもよし、トルティージャに巻いてもよし、

アツアツのサカウイルを頬張ります。

これがまたうまいんすよ!


ちなみにウアステコ族はサンルイス・ポトシ州だけでなく一部ベラクルス、イダルゴ、

タマウリパスにも居住していて約22万人はいるそうです。
スポンサーサイト



07:24 メキシコで「ここ行っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

サンルイス・ポトシの旅 ~3~

2016/10/11
さて、タマソポの滝の上流には

”PUENTE DE DIOS”(プエンテ・デ・ディオス)神々の橋

と呼ばれる滝と川があります。

タマソポの滝からは15分弱の距離です。

駐車場の前には貨物列車の線路がありそれを超えていきます。

ferrocarril

入場口を通り、急な階段を降りていきます。

entrada

escalera

すると目の前には巨大な滝が!

cascada

乾季ですと水量がすくないので滝壺で泳ぐことも可能だそうです。

cascada

今回は雨季真っ只中だったので見学だけでしたが。

cascada

それにしてもこの辺りの水量の多さ、誠に勝手ながら感動です。

特にサボテンの生える地から来ると。



滝の上流・下流には川が流れてました、

やはり、水量が少ない時には遊泳可能だそうです。

rio

rio

このプエンテ・デ・ディオスは下流のタマソポの滝と比べると

まだまだ完全に観光化されていないので、

静かに落ち着くことができるでしょう!




ちなみにここの滝も川も谷間にありますので

行きは下りですが、帰りはその階段を

上がって行かなきゃ行けないんスよ!(当たり前ですが)



03:30 メキシコで「ここ行っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

サンルイス・ポトシの旅 ~2~

2016/10/08
さて、サンルイス・ポトシ州の第二弾、

州都のサンルイス・ポトシから東へ3時間半、

標高が1800mから一気に400mへ下ったところにある

TAMASOPO(タマソポ)という街。

気候が亜熱帯になり気温も湿度も一気に上がっていきます。

汗がすごいんっすよ!

この町中には観光化されたタマソポの滝があります。

entrada

ここで水浴びができるんすよ!

entrada 2

cascadas

cascada

この辺りには高地から流れでてきた川が集まり、海へ流れ出る前の非常に水量の多い地域になります。

サボテンの生える乾燥した高地から来ると、

改めてメキシコは水が豊富なんだなァと思います。

barneario

barneario

雨季になると水量が増え、遊泳注意・禁止の場合もありますが、

大体泳ぐことができます。

この施設にはトイレ・更衣室はもちろん、様々な料理のレストラン、お土産物屋さんがります。

puente

緑の多い、水の豊富な場所に来るとホットしますよね。
03:09 メキシコで「ここ行っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

サンルイス・ポトシの旅 ~1~

2016/10/07
メキシコシティから北へ車で約6時間程の所にある

サンルイス・ポトシ州の姑、サンルイス・ポトシ。

この州は非常に広く、様々な地形・気候、文化が見られます。

この大自然溢れるサンルイス・ポトシ州を紹介しようかと思います。

初回の今回は州都のサンルイス・ポトシ。

かつては銀鉱山で栄えたこの街、コロニアルな雰囲気が残っています。

カテドラル

街並み

iglesia

セントロと呼ばれる中心地は車輌の進入が制限されていますので

気軽に散歩できます。

そして現在注目を浴びているのは産業都市として多くの企業、工場が

誘致され街郊外には工業団地が立ち並びます。

日系企業も増えているそうです。

更には米自動車メーカーのGMの組み立て工場があるのは有名ですが、

そのすぐ横にフォード、BMW、の組み立て工場が着工しているそうです。

1ヵ所に3社集うのはすごいことだそうです。


このようにサンルイス・ポトシはコロニアル都市、産業都市として

注目されています。

第二弾からはサンルイス・ポトシ州の大自然を紹介していきます。

03:23 メキシコで「ここ行っとけ♪」 | コメント(0) | トラックバック(0)

ソカロ無料コンサート

2016/10/04
先日10月1日、

メキシコシティソカロ広場にて

無料音楽コンサートが開かれました。

今回は元ピンクフロイドの

”ロジャー・ウォーター!!”
(呼び捨てスミマセン)

彼の歌声を聞きに多くのファンがやって来ました、

その数、約20万人!!!

ソカロ広場に収まるんですね、その数。
(会場内は押し合い圧し合いだったそうですが)

Roger Waters

一番前で見る為に30時間前から並んでいた人もいたそうです!

私はもちろん行きません!
(行きたくても行けないのが本音ですかね。あの人混みはさすがに・・・)

メキシコ市は度々このように、市民の為に無料コンサートを開催してあげます。

最近ではジョスティン・ビーバーやポール・マッカートニー、

私の記憶では以前にシャキーラ、リカルド・アルホナ、マヌ・チャオ、シルビオ・ロドリゲス、等など。
(私のメキシコ滞在期間がバレてしまう・・・)

他にも来ていたと思いますがすぐに思い出せません・・・。

このようにメキシコに著名アーティストが来てくれるのも嬉しいですね!
(もちろん、有料コンサートもやってますが)


02:09 メキシコシティー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |